腰痛

米子市にお住いのみなさま、このようなお悩みはございませんか?

腰を痛めている女性のイラスト

  • 中腰の姿勢でいることがつらい
  • 立ち上がる時に腰に痛みがある
  • 子どもを抱っこするのがつらい
  • 突然のぎっくり腰でどうすればいいかわからない
  • 長時間座っていると腰が痛くなってくる

なぜ腰が痛くなってしまうのか

その腰の痛み、我慢しないでください

腰に施術をしている様子腰痛は、現代では若年層から、高齢者まで多くの方が悩んでいる不調のひとつです。

「腰の痛み」といっても、使い過ぎによる慢性のものから、立ち上がったときや重い荷物を持ったときに急激な痛みが走るぎっくり腰など、腰痛には様々な状態や原因があります。

また、長時間の座り作業など、同じ体勢を続けていると筋肉が緊張して腰痛を引き起こす場合もあります。
重いものを持つといった腰に負担がかかる動作をしたわけでもないのに痛くなる方はこれに該当します。

日常生活での過ごし方や、お仕事中の姿勢が原因で腰痛が起こることもあり、特に座りっぱなしの姿勢が続くデスクワークをされる方や、介護職、土木関係、長時間の運転をすることがある方に多く見られます。

通常、腰の筋肉を使うと生じる疲労物質は、血流によって運ばれますが、筋肉が硬い状態だと血流が悪くなり疲労物質が筋肉に蓄積していきます。

この筋肉に蓄積した疲労物質が腰痛を引き起こします。

その腰の痛み、放っていませんか?

腰痛の女性のイラスト腰痛の状態を放っていると、筋肉がどんどん硬くなり、更に状態が悪化してしまうことや、ぎっくり腰を引き起こしやすい状態になりかねません。

腰痛の原因はお一人お一人異なる場合がほとんどです。
原因が特定できない状態のままご自身の判断で体操をしたり、筋トレをするのは状態をさらに悪化させる要因になることもあります。

ゆっくり体を休めても、負担のかかる動作を控えていても腰痛が良くならないという方は、諦めてしまう前に、たけだ整骨院へご相談ください。

腰痛に対するアプローチ方法

矯正の写真腰の痛みは、原因をしっかりと見極め適切な施術を受けることにより解消する不調です。

たけだ整骨院の施術を受けて『痛みに悩まされなくなった!』という声をたくさんいただいております。

「痛み」ばかりに着目してしまいがちですが、痛みが起きている原因を明確にすることが何よりも大切だと考えています。

中には、ヘルニアで手術しかないと言われてしまった方も、検査をするとヘルニアからくる不調ではなく、筋肉が凝り固まってしまっているために腰から足にかけて痛みが生じていて、手術を行わなくても良くなったという事例も、当整骨院にはあります。

今つらいその痛みを良くするために、まずは、どんな時に痛みが生じるのか、どんな姿勢がつらいのかを確認し、原因をきちんと突き止めたうえで指圧、ストレッチ、電気などあらゆる手法を用いて施術を行います。

痛みがあるうちは安静にしていただくように指導しますが、仕事やスポーツなどで安静にする事が困難な場合でも、それらを続けながら痛みの解消を目指す仕組みがあります。

お客様に合った、お身体の使い方をアドバイスいたしますので、ご安心ください。