スポーツ外傷

米子市にお住いのみなさま、このようなお悩みはございませんか?

捻挫をした男の子のイラスト

  • スポーツ中にケガを繰り返す
  • 練習中に捻挫をしてしまった
  • 早く試合に復帰したい
  • 打撲や痛みを早く解消したい
  • 痛みが気になって練習に集中できない

スポーツ外傷と、その原因

矯正をしている様子

スポーツにケガは付き物です。

気を付けていても捻挫や肉離れを起こしてしまうことはよくあります。
また、どんなスポーツも同じ動作を何度も反復して行っているため、利き手や利き足ばかり使ってしまい、同じ部位に負担がかかり続けることになります。

同じ筋肉だけを酷使すると筋肉は硬化します。

そのため、筋肉自体が痛みを出したり、筋肉の付着部位である肩、肘、膝、腰などに負荷をかけて関節を痛める原因になっているのです。

試合が近いからと痛みを我慢して練習をしてしまい、痛めた箇所がなかなか良くならないというケースも多々あります。

たけだ整骨院では、これらの痛みやケガに対してどうして痛みが出ているのか、どうやったら痛みから解放されて再発しにくい身体を作ることができるのかを説明し、しっかりと変化を感じていただける施術を行い、一日でも早くスポーツへ復帰できるよう全力でサポートいたします。

一般的な対処法

冷やす・固定をするスポーツでケガをした場合、練習を休んで安静にする、痛みのある部位を冷やす、テーピングなどで固定する、などが一般的です。

しかし、これらの対処は応急処置でしかなく、根本的に解消されたとはいえません。
原因を究明し、予防をしなければスポーツに復帰したときに痛みが再発しやすくなります。

たけだ整骨院では、休まないとよくならないといわれたケガや、試合までに必ず回復させたいケガに対して、従来の方法に加えて負担をかけている筋肉や軟部組織にアプローチすることで、より早く痛みを取り除きスポーツに復帰できるようお手伝いいたします。

スポーツによるケガに対するアプローチ方法

コンディションを整えて運動パフォーマンス向上につなげましょう

テーピングをしている写真

熱感があったり、腫れている箇所を直接マッサージすると、悪化する場合がほとんどです。

たけだ整骨院では、筋肉や軟部組織にフォーカスした施術を行います。

例えば、足首の捻挫の場合、足首の腫れを軽減させるよう、痛みの原因となる筋肉を特定して、その筋肉の負担を取り除く施術を行います。

捻挫で足もつけないほど痛みがあった方も、施術を受けていただいたことで歩いて帰れるようになったケースが多々あります。

ケガを早く治すためには安静にすることが一番の近道ですが、お仕事や学校、練習、試合があって安静にすることが難しい場合がほとんどです。

そういった場合でも、スポーツをしながら回復できるように、お客様の状況や生活環境に合わせた施術計画をご提案いたしますので、なんでもご相談ください。